搭載エンジンは3種類!その違いを紹介します。

日本ではSea-DooのPWC(水上バイク)でお馴染みのROTAXエンジン
現在、世界中で450,000台以上の水上バイク、ジェットボートで採用され高い評価を得ています。

スカラブに搭載されているROTAXエンジンは150、200,250馬力と3種類あります。

ざっくり説明しますと共通でROTAX 4-TEC 1494cc OHC直列3気筒12バルブエンジンが搭載されていますが、スーパーチャージャーの有無やインタークーラーの種類などにより馬力の違いがあります。

詳しい説明は下記動画からご覧頂けます。

それぞれのエンジンがどのモデルに搭載されているかを下記に記載しました。

ROTAX 1503 NA 4-TEC (150HO)

搭載モデル:255 Platinum

rotax-1503-na-4-tec-150hp_1024

ROTAX 1503 Supercharged with inter cooler (200 HP)

搭載モデル:255 HO Wake エディション

rotax-1503-sc-4-tec-250hp_1024

ROTAX 1503 Supercharged with external inter cooler (250 HP)

搭載モデル:255 HO インパルス/215 HO インパルス/195 HO インパルス/165 HO インパルス

rotax-1503-ho-4-tec-200hp_1024

その他にもスカラブジェットボートに搭載されているROTAXエンジンは内部循環式で冷却を行うことで異物混入による冷却経路の詰まりや塩分による腐食を防止して常に安定したエンジン性能を発揮させることが出来ます。
またアルミ製リバースゲート採用、インテイクからのロープの吸い込みを予防するシャフトガードが標準装備されており、ウエイクボートやバナナボートなどで遊ぶ際もトーイングロープの吸い込みなどの心配がないなど他社にはない様々な技術がROTAXエンジンにはつまっています。

スカラブに搭載されているエンジンの違いについてご理解頂けましたでしょうか?

製品についてのご質問は下記までお願いします。
あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

株式会社ジェイエスピー 第2営業部レスコ
0564-56-0001(平日10:00~18:00)

スカラブオフィシャルホームページはこちら

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ